社印のなかで角印が持っている意味は何か

【社印と呼ばれる角印の正しい使い方】

会社の印鑑はたくさんありますが、日常で最も多く使うことになるのは社印とも呼ばれる角印でしょう。

契約書や見積書、領収書でも活躍する大事な印鑑です。

会社の名前がはっきりと入っていることから、対外的物照明として使われたりします。

会社にとっては、認印として活用することができる便利なものですが、正しい使い方を知っている人は、意外と少ないものなのです。

 

【角印の持つ効力は】

角印は、その名の通り四角い印鑑です。

会社名が入っているのが特徴で社員と呼ばれることもありますが、正確には四角でなくても構いません。

丸の形で認印を作ったとしても、何ら問題になることはないのです。

これは、角印が何か規定があって縛られているわけではないということを表しています。

実印のように、法務局で登記したりすることもありませんし、複製防止のために何かを施さなければいけないわけでもないのです。

 

角印はよく使われますが、この印鑑を押すことには意味があっても、角印の印影には何ら効力がありません。

ですが、文字の最後に押すことによって、加筆を防止できる効力があるため、会社名の後に少しかぶせるように押すことが一般的なのです。

 

【心理的に見た目ということが重要】

角印には、大きな効力は何もありません。

ですが、会社の名前の入った印鑑で、看板の代わりになっていることも間違いではないのです。

この角印が押してあることで安心する人もいますし、会社で作られた書類であるということで信用する人もいます。

つまり、見た目として角印が使われているかどうかということが重要になったりしますので、効力が弱いとしてもしっかりとしたものを作っておくことが信用を得るためにも重要だといえるでしょう。

社印にはどんな効力があるものなのだろうか

【社印に効力はあるか】

社印は、会社の名前が入った印鑑で、使用頻度の高い印鑑になっています。

刻印もはっきりと読み取れるものが多く、外部に対して発行する場合によく使うことでしょう。

それだけに、押してなかったりすると、なんで社員がないんだともめることもあります。

ですが、実は社員は押していなくても、その書類の価値が無効になったりすることはありません。

勘違いから起きてくることなのですが、そんな効力のある印鑑ではないのです。

 

【認印と変わらない】

社印は角印とも呼ばれ、見積書や契約書によく使われます。

名前が入っていますので、押してあるだけで安心することも間違いありません。

ですが、この社印には、何ら法的効力が認められているわけではないのです。

つまり、個人の認印と何も変わらない印鑑でしかありません。

それでも、押印したという行為には、一定の責任があると考えられていますので、全く無意味というわけではないのです。

それ以上に、社印は押してある位置によって、書類に対して加筆を防止させる力があります。

社印が押してあれば、そのうえに加筆してもすぐにわかってしまいます。

改ざん防止策として有効となるため、社印は使われているといっていいでしょう。

 

【推定でしか効力を発揮できない】

社印を押した行為は、少なくてもその会社固有の印鑑を使ったと考えることができます。

誰でも出すことができるものではないはずですので、内部の人間が押したと推定することはできるのです。

社印自体には法的な効力は発生することはありませんが、こうした推定から責任を問われる可能性はないわけではありません。

ただし、推定ですので、相手が反証することができた場合には維持されない程度の力だったりします。

このように、社印には強い効力はありませんので、書類に対しても影響を与えたりしないのです。

わかっているようでわかっていない社印と社判違い

【呼び方が一定ではない印鑑】

印鑑の呼び方は、意外と不正確なもので、会社によって違いがあったりします。

会社で使われる印鑑は複数の種類が存在し、一つではありません。

そのうえ、社判と呼ばれたり角印やゴム印、横判と呼ばれるものもあったりするのですから、慣れないとさっぱりわからないものなのです。

使い方も重要性も違いがあるものですので、違いを知っておくことはとても大事なことなのです。

 

【社印は会社名を表す印鑑】

社印と社判違いを考える場合、会社名を表す角印のことを社印と呼ぶことがあります。

角印は、法的拘束力の弱い印鑑です。

登記されたりするものではありませんので、何かに対抗できるわけではありません。

ですが、その会社で作成した書類であることを証明したりすることになるため、社印と呼ばれたりするのです。

書類に押されたりする場合、内容を認めたという意味にとらえることもありますが、正確には違います。

三文判と同様で、押したことに対して責任はありますが、角印自体には意味はないのです。

最大の効力は、書類の改ざん防止のために、これ以上加筆されないように止めるという意味合いのほうが強いのです。

実印のことを社印と呼ぶ会社もありますが、実印は代表社印であり社印とは異なります。

角印と同様に考えるとするのであれば、会社名の入った住所印などのほうが社印としてはふさわしいといえるでしょう。

 

【社判は会社印鑑すべて】

社判はといった場合、実は会社印鑑をすべて指す言葉だったりします。

つまり、個別にどの印鑑が社判というわけではなく、実印も銀行印もすべてまとめて社判なのです。

よく住所印のような横判に対して社判といわれたりすることがありますが、正確にはこれは間違いになります。

ゴム印を社判と呼ぶ人もいますが、これも間違いなのです。

大事な会社印鑑を収めるケースはどんなものが向いているのか

【会社印鑑はケースに入れて大切に】

会社印鑑は、会社の看板でもあり、登記してある大事なものでもあります。

なくしてしまったりしないように、ケースに入れて大事に保管することが必要です。

色々なものがありますが、どんなものでも壊したりしないようにしっかりしたものを選ぶことが大切です。

特に印鑑を持ち出す機会が多い場合には、衝撃から守れるように頑丈なものを考えることも必要になります。

 

【一括で管理できるメリット】

会社印鑑のケースには、ほかの印鑑も入るケースが一般的に用いられます。

代表者印である実印と銀行印、角印がセットになるようにしてあるもので、横判であるゴム印も収められると一括で管理することができますので便利でしょう。

いっぺんにおさめられるのは便利なことですが、全部の印鑑を収められるよりも別々にしたほうがいい場合もあります。

角印はよく使う印鑑ですので、ケースを別にして管理しておくと、誰もが使えるようになりますので、業務をスムーズに進めることができるようになるでしょう。

これは実印も同じことで、利用者に違いがありますので、別々のケースを購入しておくのも理にかなった方法といえます。

 

【リスクの分散を考えるのであれば】

会社印鑑を一つのケースにおさめておくことは、一括管理ができ紛失等を防ぐためにチェックすることができます。

非常に有効な方法ではありますが、ケースごとなくしてしまえば、ほかの印鑑も紛失することになるリスクを抱えてもいるのです。

リスクを分散するという意味では、別々のケースをつくり、一か所で管理するという方法も考えられます。

この方法であれば、一括で管理することもできますし、個別に持ち出した時のリスクも減らすことができるようになるのです。

【PR】会社設立用印鑑販売なら

会社設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。
お客様からのご要望が多かった、「印鑑袋付き」「専用ケース付き」のセットもご用意。お好みと用途に合わせてお選び下さい。
印鑑