【社印はどこに押すべきか】

社印と呼ばれることのある角印は、使用頻度の多い印鑑です。

見積書や契約書などに使われることもあり、複数の角印を作ってある会社も少なくありません。

会社の大事な印鑑であることから、複数作ってあるのはおかしいと思う人もいるかもしれませんが、この社印には法的効力が何もありません。

そのため、複製してあったとしても別に問題はないのです。

問題となるのは、この社印を押したという行為ですので、勘違いしないようにしなければいけません。

 

【加筆防止の方法として】

社印の勘違いとして多いのは、押す位置もあるでしょう。

会社名を書いたらその真ん中に押すべきだという人もいますし、端に押すのが一番だという人もいます。

ですが、なぜ押すのかという事を考えてみると、イチとしてはどこが正しいのかわかるようになるでしょう。

 

社印を押す理由は、押したという行為もありますが、その書面が改ざんできないようにしてしまうということが大切です。

つまり、文字をこれ以上加筆できないようにしてしまうことに意味があります。

そこで、会社名を書いた後に少しかぶるように社印を押したりするのですが、真ん中に押したのでは文末に加筆することが可能となってしまいます。

これでは効力がありません。

一般的に考え、真ん中には加筆することはできないのですから、一番端に押すのには、ちゃんとした理由があといえるでしょう。

 

【署名者の印鑑を押す場合でも】

署名と捺印をしなければいけない場合には、署名者の判も押すことになるでしょう。

この場合でも、社印は真ん中に押すべきではありません。

あくまでも加筆できないようにしてしまうことが重要だということを忘れてはいけません。

署名者の印鑑は、名前に無理にかぶせる必要はありませんが、加筆できないようにできるだけ近づけておくことが必要になります。

もしも、加筆されたとしても、印影の上から書くことになってしまうため、見た目にもすぐ判別できるからです。