【呼び方が一定ではない印鑑】

印鑑の呼び方は、意外と不正確なもので、会社によって違いがあったりします。

会社で使われる印鑑は複数の種類が存在し、一つではありません。

そのうえ、社判と呼ばれたり角印やゴム印、横判と呼ばれるものもあったりするのですから、慣れないとさっぱりわからないものなのです。

使い方も重要性も違いがあるものですので、違いを知っておくことはとても大事なことなのです。

 

【社印は会社名を表す印鑑】

社印と社判違いを考える場合、会社名を表す角印のことを社印と呼ぶことがあります。

角印は、法的拘束力の弱い印鑑です。

登記されたりするものではありませんので、何かに対抗できるわけではありません。

ですが、その会社で作成した書類であることを証明したりすることになるため、社印と呼ばれたりするのです。

書類に押されたりする場合、内容を認めたという意味にとらえることもありますが、正確には違います。

三文判と同様で、押したことに対して責任はありますが、角印自体には意味はないのです。

最大の効力は、書類の改ざん防止のために、これ以上加筆されないように止めるという意味合いのほうが強いのです。

実印のことを社印と呼ぶ会社もありますが、実印は代表社印であり社印とは異なります。

角印と同様に考えるとするのであれば、会社名の入った住所印などのほうが社印としてはふさわしいといえるでしょう。

 

【社判は会社印鑑すべて】

社判はといった場合、実は会社印鑑をすべて指す言葉だったりします。

つまり、個別にどの印鑑が社判というわけではなく、実印も銀行印もすべてまとめて社判なのです。

よく住所印のような横判に対して社判といわれたりすることがありますが、正確にはこれは間違いになります。

ゴム印を社判と呼ぶ人もいますが、これも間違いなのです。