【重要だから代表者印?】

会社にとって、起業の時点からお世話になっていくのが代表者印です。
登記にも必要になる重要な印鑑で、会社の実印であると考えることができます。
実際に実印と呼ぶところも多いでしょう。
ほかの社印などの印鑑とは違い、一般的に使うことはありません。
重要度の高い書類に関しては使うと考えるところもありますが、正確にはこれも危険なことです。
社印との違いを考えながら、なぜだめなのかという事を考えてみるべきです。

【社印と代表者印の意味の違いは】

社印と呼ばれるものは、その会社の印鑑であるということがわかるもので、角印や住所印のことを指したりします。
どれもはっきりとした効力があるわけではなく、社印を押したという行為に責任が発生することを勘違いしてはいけません。

ところが代表社員の場合には、社印とは異なります。
法務局に登記してある印鑑なのであり、印鑑証明書とセットにすることで、会社印鑑の中でも最も強い効力を発揮することができるのです。
もう一つの理由として、これが代表者の名前や代表者の印と入った印鑑であるということでしょう。
代表者が押印することを認め、押した印影であるということになるのです。
つまり、代表者以外が押すべき印鑑ではなく、重要度で決めるものではないという事を表しています。

【代表者印の利用は慎重に】

よく見積書や契約書に、社印と共に代表者印を押していることがあります。
ですが、実際に見積書や契約書には代表者印はいりません。
押してしまったことで、書類の効力が高まるわけではないのです。
さらに、本来複製防止のため、できるだけ見せるべきではない実印を露出させることになるのですから、大きなリスクも発生することになります。
こういった場合には、改ざん防止のための社判だけで十分ですし、書類に空白ができる場合には以下余白という一文を足したりするほうがよほど重要です。