使う場面と意味が異なる社印と代表者印の使い分け

【重要だから代表者印?】

会社にとって、起業の時点からお世話になっていくのが代表者印です。
登記にも必要になる重要な印鑑で、会社の実印であると考えることができます。
実際に実印と呼ぶところも多いでしょう。
ほかの社印などの印鑑とは違い、一般的に使うことはありません。
重要度の高い書類に関しては使うと考えるところもありますが、正確にはこれも危険なことです。
社印との違いを考えながら、なぜだめなのかという事を考えてみるべきです。

【社印と代表者印の意味の違いは】

社印と呼ばれるものは、その会社の印鑑であるということがわかるもので、角印や住所印のことを指したりします。
どれもはっきりとした効力があるわけではなく、社印を押したという行為に責任が発生することを勘違いしてはいけません。

ところが代表社員の場合には、社印とは異なります。
法務局に登記してある印鑑なのであり、印鑑証明書とセットにすることで、会社印鑑の中でも最も強い効力を発揮することができるのです。
もう一つの理由として、これが代表者の名前や代表者の印と入った印鑑であるということでしょう。
代表者が押印することを認め、押した印影であるということになるのです。
つまり、代表者以外が押すべき印鑑ではなく、重要度で決めるものではないという事を表しています。

【代表者印の利用は慎重に】

よく見積書や契約書に、社印と共に代表者印を押していることがあります。
ですが、実際に見積書や契約書には代表者印はいりません。
押してしまったことで、書類の効力が高まるわけではないのです。
さらに、本来複製防止のため、できるだけ見せるべきではない実印を露出させることになるのですから、大きなリスクも発生することになります。
こういった場合には、改ざん防止のための社判だけで十分ですし、書類に空白ができる場合には以下余白という一文を足したりするほうがよほど重要です。

大事な会社印鑑を収めるケースはどんなものが向いているのか

【会社印鑑はケースに入れて大切に】

会社印鑑は、会社の看板でもあり、登記してある大事なものでもあります。

なくしてしまったりしないように、ケースに入れて大事に保管することが必要です。

色々なものがありますが、どんなものでも壊したりしないようにしっかりしたものを選ぶことが大切です。

特に印鑑を持ち出す機会が多い場合には、衝撃から守れるように頑丈なものを考えることも必要になります。

 

【一括で管理できるメリット】

会社印鑑のケースには、ほかの印鑑も入るケースが一般的に用いられます。

代表者印である実印と銀行印、角印がセットになるようにしてあるもので、横判であるゴム印も収められると一括で管理することができますので便利でしょう。

いっぺんにおさめられるのは便利なことですが、全部の印鑑を収められるよりも別々にしたほうがいい場合もあります。

角印はよく使う印鑑ですので、ケースを別にして管理しておくと、誰もが使えるようになりますので、業務をスムーズに進めることができるようになるでしょう。

これは実印も同じことで、利用者に違いがありますので、別々のケースを購入しておくのも理にかなった方法といえます。

 

【リスクの分散を考えるのであれば】

会社印鑑を一つのケースにおさめておくことは、一括管理ができ紛失等を防ぐためにチェックすることができます。

非常に有効な方法ではありますが、ケースごとなくしてしまえば、ほかの印鑑も紛失することになるリスクを抱えてもいるのです。

リスクを分散するという意味では、別々のケースをつくり、一か所で管理するという方法も考えられます。

この方法であれば、一括で管理することもできますし、個別に持ち出した時のリスクも減らすことができるようになるのです。

【PR】会社設立用印鑑販売なら

会社設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。
お客様からのご要望が多かった、「印鑑袋付き」「専用ケース付き」のセットもご用意。お好みと用途に合わせてお選び下さい。
印鑑