社印にはどんな効力があるものなのだろうか

【社印に効力はあるか】

社印は、会社の名前が入った印鑑で、使用頻度の高い印鑑になっています。

刻印もはっきりと読み取れるものが多く、外部に対して発行する場合によく使うことでしょう。

それだけに、押してなかったりすると、なんで社員がないんだともめることもあります。

ですが、実は社員は押していなくても、その書類の価値が無効になったりすることはありません。

勘違いから起きてくることなのですが、そんな効力のある印鑑ではないのです。

 

【認印と変わらない】

社印は角印とも呼ばれ、見積書や契約書によく使われます。

名前が入っていますので、押してあるだけで安心することも間違いありません。

ですが、この社印には、何ら法的効力が認められているわけではないのです。

つまり、個人の認印と何も変わらない印鑑でしかありません。

それでも、押印したという行為には、一定の責任があると考えられていますので、全く無意味というわけではないのです。

それ以上に、社印は押してある位置によって、書類に対して加筆を防止させる力があります。

社印が押してあれば、そのうえに加筆してもすぐにわかってしまいます。

改ざん防止策として有効となるため、社印は使われているといっていいでしょう。

 

【推定でしか効力を発揮できない】

社印を押した行為は、少なくてもその会社固有の印鑑を使ったと考えることができます。

誰でも出すことができるものではないはずですので、内部の人間が押したと推定することはできるのです。

社印自体には法的な効力は発生することはありませんが、こうした推定から責任を問われる可能性はないわけではありません。

ただし、推定ですので、相手が反証することができた場合には維持されない程度の力だったりします。

このように、社印には強い効力はありませんので、書類に対しても影響を与えたりしないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>