社印 源泉徴収票

【小さな紙には大きな意味がある】

年末になると、源泉徴収票の話はよく聞くようになる話題です。

給料明細と共に小さな紙が入っていたりすることもあるでしょう。

年収と支払った税金がわかる神程度に考えているかもしれませんが、実はとても大事な紙になっているのです。

それだけ重要な紙なのにもかかわらず、社印が押していないといぶかる人もいます。

ですが、社印とは一体何か、源泉徴収票に必要なものなのか、今一度考え直してみる必要があるでしょう。

 

【社印がなければ成立しないのか】

源泉徴収票は、会社が税金を天引きして支払う制度を指しています。

自分に代わって税金を支払ってくれているのですから、とても重要な意味を持っていることは間違いないでしょう。

それもわかりやすく記載されているのですから、ありがたいものです。

 

ここで考えなければいけないのは、社印がなければ源泉徴収票は成立するのかどうかということでしょう。

最近では、源泉徴収票に社員が押されていることはまずありません。

その理由が、社印が必要なわけではないという事なのです。

 

社印は、会社の名前の入った印鑑で、ほとんどの場合は角印でしょう。

角印自体には、なんら効力があるわけではないのです。

つまり、押したとしても、源泉徴収票が成立するかどうかとは全く関係がありません。

 

【手書きの場合には要注意】

では、なんで昔は押してあったのかということが重要になります。

昔は、源泉徴収票を手書きで作っていました。

経理が計算し、一つの紙にまとめて書いていくわけですが、手書きであるがゆえにあとから加筆される可能性があったのです。

それを防ぐために、社印を押してしまい防止していたということがあります。

現在でも手書きの源泉徴収票には、不正防止という観点から社印を押すことが一般化していますので、注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>