社印にはどんな効力があるものなのだろうか

【社印に効力はあるか】

社印は、会社の名前が入った印鑑で、使用頻度の高い印鑑になっています。

刻印もはっきりと読み取れるものが多く、外部に対して発行する場合によく使うことでしょう。

それだけに、押してなかったりすると、なんで社員がないんだともめることもあります。

ですが、実は社員は押していなくても、その書類の価値が無効になったりすることはありません。

勘違いから起きてくることなのですが、そんな効力のある印鑑ではないのです。

 

【認印と変わらない】

社印は角印とも呼ばれ、見積書や契約書によく使われます。

名前が入っていますので、押してあるだけで安心することも間違いありません。

ですが、この社印には、何ら法的効力が認められているわけではないのです。

つまり、個人の認印と何も変わらない印鑑でしかありません。

それでも、押印したという行為には、一定の責任があると考えられていますので、全く無意味というわけではないのです。

それ以上に、社印は押してある位置によって、書類に対して加筆を防止させる力があります。

社印が押してあれば、そのうえに加筆してもすぐにわかってしまいます。

改ざん防止策として有効となるため、社印は使われているといっていいでしょう。

 

【推定でしか効力を発揮できない】

社印を押した行為は、少なくてもその会社固有の印鑑を使ったと考えることができます。

誰でも出すことができるものではないはずですので、内部の人間が押したと推定することはできるのです。

社印自体には法的な効力は発生することはありませんが、こうした推定から責任を問われる可能性はないわけではありません。

ただし、推定ですので、相手が反証することができた場合には維持されない程度の力だったりします。

このように、社印には強い効力はありませんので、書類に対しても影響を与えたりしないのです。

社印を押す位置には何か意味があるか

【社印はどこに押すべきか】

社印と呼ばれることのある角印は、使用頻度の多い印鑑です。

見積書や契約書などに使われることもあり、複数の角印を作ってある会社も少なくありません。

会社の大事な印鑑であることから、複数作ってあるのはおかしいと思う人もいるかもしれませんが、この社印には法的効力が何もありません。

そのため、複製してあったとしても別に問題はないのです。

問題となるのは、この社印を押したという行為ですので、勘違いしないようにしなければいけません。

 

【加筆防止の方法として】

社印の勘違いとして多いのは、押す位置もあるでしょう。

会社名を書いたらその真ん中に押すべきだという人もいますし、端に押すのが一番だという人もいます。

ですが、なぜ押すのかという事を考えてみると、イチとしてはどこが正しいのかわかるようになるでしょう。

 

社印を押す理由は、押したという行為もありますが、その書面が改ざんできないようにしてしまうということが大切です。

つまり、文字をこれ以上加筆できないようにしてしまうことに意味があります。

そこで、会社名を書いた後に少しかぶるように社印を押したりするのですが、真ん中に押したのでは文末に加筆することが可能となってしまいます。

これでは効力がありません。

一般的に考え、真ん中には加筆することはできないのですから、一番端に押すのには、ちゃんとした理由があといえるでしょう。

 

【署名者の印鑑を押す場合でも】

署名と捺印をしなければいけない場合には、署名者の判も押すことになるでしょう。

この場合でも、社印は真ん中に押すべきではありません。

あくまでも加筆できないようにしてしまうことが重要だということを忘れてはいけません。

署名者の印鑑は、名前に無理にかぶせる必要はありませんが、加筆できないようにできるだけ近づけておくことが必要になります。

もしも、加筆されたとしても、印影の上から書くことになってしまうため、見た目にもすぐ判別できるからです。

社印 源泉徴収票

【小さな紙には大きな意味がある】

年末になると、源泉徴収票の話はよく聞くようになる話題です。

給料明細と共に小さな紙が入っていたりすることもあるでしょう。

年収と支払った税金がわかる神程度に考えているかもしれませんが、実はとても大事な紙になっているのです。

それだけ重要な紙なのにもかかわらず、社印が押していないといぶかる人もいます。

ですが、社印とは一体何か、源泉徴収票に必要なものなのか、今一度考え直してみる必要があるでしょう。

 

【社印がなければ成立しないのか】

源泉徴収票は、会社が税金を天引きして支払う制度を指しています。

自分に代わって税金を支払ってくれているのですから、とても重要な意味を持っていることは間違いないでしょう。

それもわかりやすく記載されているのですから、ありがたいものです。

 

ここで考えなければいけないのは、社印がなければ源泉徴収票は成立するのかどうかということでしょう。

最近では、源泉徴収票に社員が押されていることはまずありません。

その理由が、社印が必要なわけではないという事なのです。

 

社印は、会社の名前の入った印鑑で、ほとんどの場合は角印でしょう。

角印自体には、なんら効力があるわけではないのです。

つまり、押したとしても、源泉徴収票が成立するかどうかとは全く関係がありません。

 

【手書きの場合には要注意】

では、なんで昔は押してあったのかということが重要になります。

昔は、源泉徴収票を手書きで作っていました。

経理が計算し、一つの紙にまとめて書いていくわけですが、手書きであるがゆえにあとから加筆される可能性があったのです。

それを防ぐために、社印を押してしまい防止していたということがあります。

現在でも手書きの源泉徴収票には、不正防止という観点から社印を押すことが一般化していますので、注意しておきましょう。

わかっているようでわかっていない社印と社判違い

【呼び方が一定ではない印鑑】

印鑑の呼び方は、意外と不正確なもので、会社によって違いがあったりします。

会社で使われる印鑑は複数の種類が存在し、一つではありません。

そのうえ、社判と呼ばれたり角印やゴム印、横判と呼ばれるものもあったりするのですから、慣れないとさっぱりわからないものなのです。

使い方も重要性も違いがあるものですので、違いを知っておくことはとても大事なことなのです。

 

【社印は会社名を表す印鑑】

社印と社判違いを考える場合、会社名を表す角印のことを社印と呼ぶことがあります。

角印は、法的拘束力の弱い印鑑です。

登記されたりするものではありませんので、何かに対抗できるわけではありません。

ですが、その会社で作成した書類であることを証明したりすることになるため、社印と呼ばれたりするのです。

書類に押されたりする場合、内容を認めたという意味にとらえることもありますが、正確には違います。

三文判と同様で、押したことに対して責任はありますが、角印自体には意味はないのです。

最大の効力は、書類の改ざん防止のために、これ以上加筆されないように止めるという意味合いのほうが強いのです。

実印のことを社印と呼ぶ会社もありますが、実印は代表社印であり社印とは異なります。

角印と同様に考えるとするのであれば、会社名の入った住所印などのほうが社印としてはふさわしいといえるでしょう。

 

【社判は会社印鑑すべて】

社判はといった場合、実は会社印鑑をすべて指す言葉だったりします。

つまり、個別にどの印鑑が社判というわけではなく、実印も銀行印もすべてまとめて社判なのです。

よく住所印のような横判に対して社判といわれたりすることがありますが、正確にはこれは間違いになります。

ゴム印を社判と呼ぶ人もいますが、これも間違いなのです。